コンサルティング
HP制作

野球でピッチャーをしているのですが肘と肩が痛くて投げられません | スポーツの怪我・障害・打撲・捻挫・骨折を治療する優良整骨院・接骨院

登録

質問する

回答一覧を見る

野球でピッチャーをしているのですが肘と肩が痛くて投げられません

2018.08.22

野球選手に最も多い症状が野球肘、野球肩になります。別名インピンジメント症候群とも呼ばれております。投球動作で痛みがある場合、できるだけ投球動作を控えるようにしてください。理由として痛みが出たまま投げ続けることで痛みがさらに悪化してしまいます。もちろん痛み止めなどを飲んで投球することもできますが根本から痛みを改善しないとスピードある球を投げることもできなくなりますので必ず痛みの原因を追究してくれる医療機関にて施術を受けて頂くことを推奨します。全国優良スポーツ治療院の先生は厚生労働省認可の国家資格を有しておりますので野球肩、野球肘の症状改善を得意としている先生も多くいらっしゃいます。
痛みの改善方法は治療院によって異なりますが、プロスポーツ選手が愛用する医療機器にて痛みの回復を早める施術や体のバランスを整えることで痛みの回復力を早めるなど多岐に渡っております。まずはお気軽に相談して頂くことで患者様専用の施術計画を立てることもできますので早急に専門院にご相談頂くことを推奨します。